メニューボタン

荒川弘 / RAIDEN-18

ストーリー

サンデーGX10周年記念!
GXに久々登場の荒川弘氏が、あの『RAIDEN-18』を引っさげての登場だッ!
読み切り、だけど第3話。
伝説の漫画が、GXに復活する!

さまざまな死体のパーツを組み合わせてこの世に生をうけた「雷電18号」。
数多のクリーチャーの中でも特に優秀な雷電18号だが、高スペックが故に最近、彼のパチもんが出回っているらしい。
雷電18号と、彼の生みの親・タチバナ博士は偽物を作っているアジトに突入するが……。

略歴

あらかわ・ひろむ:北海道出身。代表作『鋼の錬金術師』『獣神演武(原案/黄 金周)』(いずれもスクウェア・エニックス刊)、『百姓貴族』(新書館刊)。『鋼の錬金術師』は第49回小学館漫画賞を受賞した。

2011年1月号読み切り掲載『RAIDEN-18』
2006年1月号読み切り掲載『RAIDEN-18』
2005年8月号読み切り掲載『RAIDEN-18』
作家&作品一覧に戻る