薄花少女 | 小学館コミック -サンデーGENE-X-

作家&作品一覧薄花少女

今月のお話

  • 一人暮らしの青年・古糸史のもとにやってきた少女の正体は、齢八十歳のハッカばあやだった。彼女は、一人暮らしの史をお世話するために、奇妙な薬で体だけ少女になったのだという。青年と少女の不思議な年の差共同生活のはじまりです。

    夏のとある日、史ぼっちゃまの生徒・武臣がハッカを花火大会へと誘いにやってくる。ハッカはその誘いを二つ返事で受けるのだが、なぜかぼっちゃまも付き添いで行くことになってしまい……?


キャラクター

  • ハッカ
    夏焼鳩子(なつやきはとこ)、数えで八十。職業は家政婦。約十歳の少女になり、ぼっちゃまの世話を焼く。

  • ぼっちゃま
    古糸史(こいとふみ)。子供の姿になったハッカを受け入れ、一緒に暮らす。

プロフィール

三浦靖冬
大阪府出身。
1998年、「月刊アフタヌーン」の四季賞にて『殉雪楽土』が佳作入選。
著書に、『おつきさまのかえりみち』『とわにみるゆめ』『花喰幻燈機』『えんじがかり』。

コミックス

  • 『薄花少女』第1集
    第1集
  • 『薄花少女』第2集
    第2集
  • 『薄花少女』第3集
    第3集
  • 『薄花少女』第4集
    第4集
作家&作品一覧に戻る

PAGE TOP