薬屋のひとりごと 猫猫の後宮謎解き手帳 日向夏+倉田三ノ路 | 小学館コミック -サンデーGENE-X-

作家&作品一覧薬屋のひとりごと 猫猫の後宮謎解き手帳

今月のお話

  • とある大国の後宮に売り飛ばされた薬屋の少女・猫猫。仕方なく下女をしていた彼女だが、あるとき帝の子どもたちが次々と不審死することを知って…? “なろう”発の大ヒットミステリーを、『天穹は遥か』の倉田三ノ路氏がコミカライズ!

    猫猫はお使い先の外廷の医局で、“薬の匂い”がする官女・翠苓と出会う。お使いを済ませて医局を出た彼女は、厩の裏に一面薬草が植えられている畑を見つけ、好奇心で畑に近づくのだが……?

トピックス

2019.02.15

『薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜』第4集 特製しおりキャンペーン
GXC 「薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳〜」4集発売を記念し、全国600店以上もの書店様で4枚集めると1枚絵になる!倉田三ノ路氏描き下ろし特製しおりが貰えちゃうキャンペーンを開催します。
まだ買ってない方はこの機会に4巻まとめて、既刊を買われてる方は布教用に買って4種類揃えよう!

※一部店舗除く。しおりはなくなり次第配布終了です。
※配布方法等の詳細は各書店様にお問い合わせください。

キャンペーン参加書店はこちら

キャラクター

  • 猫猫(マオマオ)
    誘拐されて後宮に下女として売られた薬屋の娘。探究心旺盛で、名探偵の素質アリ。

  • 壬氏(ジンシ)
    後宮を取り仕切る宦官のトップ。いつも猫猫に面倒ごとを押し付けてくる。
  • 玉葉妃(ギョクヨウヒ)
    四人いる妃のうちの一人。後宮の“お偉いさん”で、猫猫の上司にあたる存在。

プロフィール

倉田三ノ路
くらたみのじ:神奈川県出身、11月24日生まれのA型。同人活動のかたわらデビューを目指しオリジナル作品の持ち込みを続け、コミティアのGX出張編集部で担当の目に止まった。その後、第29回GX新人賞にて佳作を受賞。その半年後にスピードデビューが決定。好きな漫画家は萩尾望都氏だが、いつかアクション漫画家を目指したいとのこと。

日向夏
小説家。代表作は『薬屋のひとりごと』『トネリコの王』『緋凰仙華』『路地裏の精霊姫』『繰り巫女あやかし夜噺』など。

コミックス

  • 『薬屋のひとりごと』 1集 第1集
  • 『薬屋のひとりごと』 2集 第2集
  • 『薬屋のひとりごと』 3集 第3集
  • 『薬屋のひとりごと』 4集 第4集
作家&作品一覧に戻る

PAGE TOP