満天の星と青い空 原作:西森博之 作画:飯沼ゆうき | 小学館コミック -サンデーGENE-X-

作家&作品一覧満天の星と青い空

今月のお話

  • 巨大隕石による人類滅亡が不可避の状況── そんな時でも一切の感情が持てなかった高校生・中澤真吾。だが彼は修学旅行先の京都で、 さらに絶望的な状況に陥って・・・? 『今日から俺は!!』のドラマ化を控える西森博之氏の小説を『何もないけど空は青い』でタッグを組んだ飯沼ゆうき氏が描く!

    真吾たち一行は、ついに琵琶湖に到着する。
    しかし彼らが見た琵琶湖は、京都と同じく荒れ果てていた。
    それでも彼らは悲観せず、一歩ずつ前に進んでいく…

プロフィール

原作:西森博之
『今日から俺は!!』『天使な小生意気』など。

飯沼ゆうき
いいぬま・ゆうき:2005年に週刊サンデー超にて『恩ぎゃえし』でデビュー。週刊少年サンデーにて『いつわりびと◆空◆』『何もないけど空は青い』を連載。

2016年2月号連載〜「サンデーうぇぶり」に移行『新世のリブラ』

発売中のコミックス

コミックス

  • 『満天の星と青い空』 1集 第1集
  • 『満天の星と青い空』 2集 第2集
作家&作品一覧に戻る

PAGE TOP