トップ  > 荒川弘  > RAIDEN-18

今月のお話

RAIDEN-18

人の道を外れたちょっぴりアレなタチバナ博士によってこの世に生を受けた雷電18号。
彼はさまざまな人間(ちょっぴり動物も)の死体を繋ぎ合わせたフランケンシュタインの怪物的な最強クリーチャーだ。死体から造ったクリーチャー制作に血道を上げる研究者は他にもおり、彼らは年に一回「クリーチャー選手権」での勝利を目指していた。

第1話をためし読み

プロフィール

荒川弘

あらかわ・ひろむ
北海道出身。代表作『鋼の錬金術師』『獣神演武(原案/黄 金周)』(いずれもスクウェア・エニックス刊)、『百姓貴族』(新書館刊)、『銀の匙 silver Spoon』、『アルスラーン戦記(原作/田中芳樹)』(講談社刊)。『鋼の錬金術師』は第49回小学館漫画賞を受賞した。

2011年1月号読み切り掲載『RAIDEN-18』
2006年1月号読み切り掲載『RAIDEN-18』
2005年8月号読み切り掲載『RAIDEN-18』
2021年2月号読み切り掲載『RAIDEN-18』

トピックス

2021/03/09

待望のコミックス、6月9日頃発売!!

作家&作品一覧に戻る

コミックス

現在コミックスはありません。